FP3級試験 過去問題 解答・解説

2014年9月(平成26年9月)試験 学科試験
 

3級FP技能士 過去問題 模範解答・解説 目次へ





解答 3


都市計画法の開発許可に関する問題です。市街化区域とは、すでに市街地を形成している地域およびおおむね10年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域のことをいいます。この区域は、街にしようとしている区域ですから、小規模開発である場合は開発許可は不要となっているのですが、規模が大きくなるとやっぱり許可が必要となるのです。この分かれ目となるのが、原則としては1000uですから、正解は選択肢3番となります。3級FP技能士試験対策としては、できればこの数字ぐらいは頭に入れておくようにしましょう。






解答 2


建築基準法の接道義務に関する問題です。建築基準法では、建築物の敷地は、建築基準法上の道路に2m以上接していなければならないことになっていますから、正解肢(正しい記述)は、選択肢2番となります。ちなみに、建築基準法上の道路とは、原則としては幅員4m以上の道路をいいます。数字だけを見ていると4mと2mが入れ替わってしまうように感じるかもしれませんが、2mの幅員の道路じゃ車が通れませんよ。狭すぎでしょ。常識的に考えて、道路幅員が4m、接する方が2mですね。詰め込むことばかり考えないで、たまには現実を思い出して学習を進めていくようにしましょう。






解答 3


区分所有法に関する問題です。区分所有物とは、要はマンションのこと。マンションでは、たくさんの人が暮らすことになりますから、マンションの中のルールは基本的には多数決(=過半数の賛成)で決めることになっているのです。ただし、区分所有者にとって重大な影響があるものについての決議については、3/4以上4/5以上の賛成が必要となることになっていて、建物の建て替え決議については、区分所有者及び議決権の4/5以上の賛成が必要とされていますから、正解は選択肢3番となります。建て替え決議=4/5のお話は、区分所有法の中で最もよく出題されますから、これだけは最低限頭にいれておくようにしましょう。



☆ 学習参考ページ 3級FP技能士無料ポイント講座 不動産


  第14回 区分所有法の重要ポイント






解答 3


土地・建物にかかる譲渡所得に関する問題です。長短が5年を境に区分されることぐらいはおさえておいても良いかな?と思いますが、譲渡の年の1月1日までは、3級FP試験としては厳しかったかもしれませんね。土地・建物にかかる譲渡所得は、取得した日から譲渡した日の属する年の1月1日までの所有期間が5年以下の場合は短期、5年超の場合は長期とされますから正解は選択肢3番となります。ちなみに、総合課税の譲渡所得の場合は、取得した日から譲渡した日までの所有期間が5年超であるか否かで長短が区分されますよ。1月1日の文言が入るのは、土地・建物にかかる譲渡所得の場合です。この問題のお話しを覚えようとするのなら、必ず土地建物は・・・とつけて覚えていくようにしましょう。



☆ 学習参考ページ 3級FP技能士無料ポイント講座 タックスプランニング


  第6回 譲渡所得の学習ポイント






解答 2


賃貸用不動産の純利回りに関する問題です。難しそうに思えるかもしれませんが、所詮は利回りですよ。利回りとは、投資金額に対して1年間でどのくらい儲かったのか?を見たものですから、儲け/投資金額×100の計算をおこなえば良いだけ。この場合の儲け金額は、600万円−200万円=400万円、これを投資金額5000万円で除して%表示にすればよいのですから、


400万円/5000万円×100=8%


より、正解は選択肢2番となります。所詮は利回りという発想、忘れないようにしてくださいね。



☆ 学習参考ページ 3級FP技能士無料ポイント講座 金融 


  第6回 債券の利回り計算






解答 1


相続における法定相続分に関する問題です。これは、FP試験の必須知識。絶対に正解できるようにしておいてくださいね。この場合の法定相続人は、本来は配偶者と子2人のはずですが、子が一人死亡して孫Bが代襲相続することになっていますから、配偶者、子、孫Bが法定相続人。孫Bの相続分は、死亡した子が受け取るはずだった分となりますから、各相続人の法定相続分は、配偶者=1/2、子=1/4、孫B=1/4となり、正解は選択肢1番となります。


この問題では孫が1人しかいませんから、子の相続分=孫の相続分となっていますが、孫が2人いる場合は死亡した子が受け取るはずだった分を2人で分けることになりますから、孫1人分の法定相続分は1/8となりますよ。法定相続人と法定相続分のお話は、きちんと理解したうえで頭にいれておくようにしましょう。



☆ 学習参考ページ 3級FP技能士無料ポイント講座 相続 


  第6回 法定相続人とは?

  第7回 法定相続分とは?






解答 1


相続の放棄の手続きの期限に関する問題です。3級FP技能士無料ポイント講座には、相続の開始後のスケジュールをまとめてあるページがありますが、3級FP試験対策として、ここに掲載されている手続きの期限はすべて頭にいれておくようにしてくださいね。相続の放棄の手続きの期限は、相続開始があったことを知った日から3ヶ月以内となっていますから、正解は選択肢1番となります。相続の放棄と限定承認の手続きの期限は、どちらも3か月以内となっていますが、相続人が複数いる場合、相続の放棄は単独でおこなうことができますが、限定承認は相続人が共同でおこなうことになります。こうした相違点についても、あわせて頭にいれておくようにしましょう。



☆ 学習参考ページ 3級FP技能士無料ポイント講座 相続 


  第2回 相続の開始後のスケジュール






解答 1


相続税の生命保険金の非課税限度額に関する問題です。生命保険金の非課税限度額は、500万円×法定相続人の数の算式により計算されますから、正解は選択肢1番となります。死亡退職金についても同様の算式によって計算することができますが、生命保険金の非課税限度額と死亡退職金の非課税限度額は、それぞれに適用できますからね。勘違いしないように気をつけて頭にいれておくようにしましょう。



☆ 学習参考ページ 3級FP技能士無料ポイント講座 相続 


  第10回 相続税の非課税財産と債務控除






解答 1


生前贈与加算に関する問題です。文中に「生前贈与加算」の文言はありませんが、生前贈与加算の話だと理解できる実力を身に着けておくようにしてくださいね。生前贈与加算とは、原則として相続開始前3年以内に被相続人から贈与を受けた財産を相続発生時に相続財産に加算する制度をいいます。加算される価額は贈与時の時価ですから、正解は選択肢1番となります。生前贈与加算については、3年以内、贈与時の時価でという部分しか質問されないと言っても過言ではありませんから、このキーワードを意識して頭にいれておくようにしましょう。



☆ 学習参考ページ 3級FP技能士無料ポイント講座 相続 


  第9回 相続税の課税財産 生前贈与加算とは?






解答 1


相続時精算課税制度に関する問題です。相続時精算課税制度は、贈与税と相続税を一体化した制度です。この制度を適用した場合の非課税枠は2500万円、この非課税枠を超えた部分には、一律20%の贈与税率が課せられることになっていますから、正解は選択肢1番となります。

なお、平成26年までの贈与にかかる相続時精算課税制度の贈与者要件は「65歳以上の親(父・母)であること」、受贈者要件は「推定相続人である20歳以上の子供(代襲相続人を含む)であること」となっていましたが、平成27年1月1日以後に発生する贈与より、贈与者要件は60歳以上の親・祖父母へ、受贈者の要件が20歳以上の子または孫へと変更されます。これからFP試験を受験される方は、注意するようにしましょう。




                        




● 2級FP技能士/AFP試験対策用 無料学習サイトはこちら!


「 ファイナンシャルプランナーになる!2級FP技能士無料ポイント講座 」


本ページには、FP技能士受験生が良い結果を得られるように、無料FP技能士ポイント講座をはじめとする様々な無料コンテンツが含まれています。受験生の方が、これらの無料コンテンツを利用してFP技能士試験の学習をしていただくことは、もちろんかまいませんが、無断転載、無断複製等については、かたくお断りいたします。

 Copyright(c)2009年−2017年 1級ファイナンシャルプランニング技能士 星野直輝 All Rights Reserved