FP3級試験 過去問題 解答・解説 

2015年1月(平成27年1月)試験 学科試験
 

3級FP技能士 過去問題 模範解答・解説 目次へ





解答 1


正しい記述です。借家法では、契約期間は1年以上と定められており、1年未満の契約期間を設定した場合は期間の定めのないものとみなされることになっています。定期借家権では1年未満の契約でもOKです。普通借家権と定期借家権の違いには注意して学習しておくようにしましょう。






解答 2


誤りの記述です。用地地域に関する質問ですね。自分の土地だからと言って、皆が好き勝手に利用すると、生活環境が滅茶苦茶になってしまいますから、この辺は主として住宅を建ててね、この辺は繁華街にするから大きな映画館を建てて良いことにしようとか、地域ごとに土地の利用目的について規制が設けられているのです。これが用途地域です。住宅については、工業専用地域を除くすべての用地地域に建築しても良いことになっていますから、工業地域に建築できないとしているこの記述は誤りの記述となります。3級FP技能士無料ポイント講座に掲載されている用途地域の名称と代表的な建築可能な建築物ぐらいは、できればおさえておくようにしてくださいね。



☆ 学習参考ページ 3級FP技能士無料ポイント講座 不動産


  第9回 用途地域とは?






解答 2


誤りの記述です。不動産取得税は、不動産を取得したときに課される都道府県税です。不動産取得税は、相続による取得や法人の合併・分割等による取得の場合は非課税となっていますが、贈与の場合は課税されます。この質問は3級FP試験としては、難しかったと思いますが、不動産取得税が都道府県税であることぐらいはおさえておくようにしてくださいね。






解答 2


誤りの記述です。3000万円の特別控除に所有期間や居住期間などの要件はありません。言い換えると、居住用財産の軽減税率の特例や買い換え特例には、所有期間や居住期間などの要件があるということですよ。3000万円の特別控除にはない!ということをしっかり押さえると同時に他の特例の所有期間や居住期間などの要件にも目を通しておくようにしましょう。



☆ 学習参考ページ 3級FP技能士無料ポイント講座 不動産


  第17回 3000万円の特別控除の重要ポイント






解答 1


正しい記述です。難しく見えるかもしれませんが、将来返還する予定のお金って、要は、ただ預かっているだけでしょ?ですから、将来返還する予定のお金は収入金額に含めない、将来返還しないのなら収入金額に含めるということになるのです。理屈を聞いてしまえば簡単なお話しですよね?学習する際は、文言を真に受けないで意味を少し考えてみるようにしてくださいね。






解答 1


正しい記述です。贈与契約は、当事者間の合意で効力が生じる諾成契約となっていますが、口頭での贈与契約(=書面によらない贈与契約)と書面による贈与契約では扱いが異なります。口頭での贈与契約では、履行の終わっていない部分については取り消すことができますが、書面による贈与契約の場合は、引渡し前であっても一方的な取り消しはできません。両者の違いをおさえておくようにしましょう。






解答 2


誤りの記述です。暦年贈与による贈与税の計算(=特例等を使わない場合の贈与税の計算)では、課税財産の額から基礎控除110万円を差し引くことができますが、基礎控除の額は1年間で110万円です。贈与者ごとに110万円引けるわけではありませんから、この場合の基礎控除額は110万円となります。FP試験対策として、暦年課税の贈与税の計算は必ずできるようにしておきましょう。



☆ 学習参考ページ 3級FP技能士無料ポイント講座 相続 


  第18回 贈与税の基礎知識






解答 2


誤りの記述です。自筆証書遺言では、相続開始後に検認手続きが必要となります。検認手続きが不要なのは公正証書遺言のみです。自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言のそれぞれの特徴と違いはFP試験対策として必ずおさえておくようにしましょう。



☆ 学習参考ページ 3級FP技能士無料ポイント講座 相続 


  第4回 遺言の種類 






解答 1


正しい記述です。貸家建付地とは、土地と建物を貸し付けている場合の土地のことをいいます。問題にある通り、貸家建付地の評価式は、自用地評価額 ×(1−借地権割合×借家権割合×賃貸割合)となります。貸宅地の評価式と混同しがちですが、貸家建付地は建物も貸しているから算式の中に借家権がある、貸宅地は土地のみ貸しているから算式の中に借地権しかないと理解しておくようにしましょう。



☆ 学習参考ページ 3級FP技能士無料ポイント講座 相続 


  第15回 貸宅地と貸家建付地






解答 1


正しい記述です。限定承認をおこなう場合は、相続人が複数いる場合は共同で家庭裁判所へ申述する必要があります。単独でできるのは相続の放棄ですね。相続の開始後のスケジュールと各手続きの内容については非常によく質問されますから、間違えてしまった方はしっかり復習しておくようにしてくださいね。



☆ 学習参考ページ 3級FP技能士無料ポイント講座 相続 


  第2回 相続の開始後のスケジュール




                        




● 2級FP技能士/AFP試験対策用 無料学習サイトはこちら!


「 ファイナンシャルプランナーになる!2級FP技能士無料ポイント講座 」


本ページには、FP技能士受験生が良い結果を得られるように、無料FP技能士ポイント講座をはじめとする様々な無料コンテンツが含まれています。受験生の方が、これらの無料コンテンツを利用してFP技能士試験の学習をしていただくことは、もちろんかまいませんが、無断転載、無断複製等については、かたくお断りいたします。

 Copyright(c)2009年−2017年 1級ファイナンシャルプランニング技能士 星野直輝 All Rights Reserved