3級FP技能士 過去問 模範解答 ポイント解説 
2010年1月 学科試験
 

3級FP技能士 過去問 模範解答・解説 目次へ





解答 3番


金融政策に関する問題です。金融政策のうち、3級FP技能士試験に最も取り上げられやすい金融政策が、正解肢であるオペレーション操作(公開市場操作)です。オペレーション操作には、買いオペレーションと売りオペレーションがありますが、売り・買いの前に、「日銀(日本銀行)が」という主語をつけると、何をするのか?が丸分かりです。


買いオペレーションであれば、日銀が買う のです。


何を?


「金融機関から、債券等を」です。


ということは、日銀は、この代金を支払うことになりますから、お金が金融機関を通じて市場に流れることになりますよね。というわけで、問題の文章と一致する選択肢は、3番となります。よく出題される記述内容ですから、間違えてしまった方は、3級FP技能士無料ポイント講座でよく復習しておくようにしてくださいね。



☆ 参考 3級FP技能士無料ポイント講座 金融 


     第4回 金融政策とは?






解答 2番


外貨建て投資に関する問題です。これは、正解しなければならない問題ですよ。絶対に誰でもできますから、勝手に難しいとか、思い込まないようにしてくださいね。具体的に数字を当てはめて考えてみると


100円買い → 90円売り → これが円高へ進むということ


90円買い → 100円売り → これが円安へ進むということ


となりますから、問題の場合は、損失が発生することになりますね。ですから、正解肢は2番となります。


なぜ、100円買い → 90円売り が円高というのか?と言う点を理解するのに、苦労されている方もいらっしゃると思いますが、ここでいう高い・安いは、通貨の価値のお話。物々交換を例にすると


りんご1個 = みかん2個


で交換できたものが、


りんご1個 = みかん1個


で交換と交換レートが変化した場合、りんごの価値が下落したということもできますし、みかんの価値が上昇したということもできるでしょう?これと同じように為替レートを考えると、100円 → 90円 は、ドルの価値の下落した、あるいは、円の価値が上昇した ということができますから、 円高 となるのです。円高・円安のお話は、普段からよく耳にするお話です。せっかく資格を取得しても、この辺がわかっていないと、かっこ悪いですから、しっかり理解しておきましょうね。



☆ 参考 3級FP技能士無料ポイント講座 金融 


     第19回 外貨預金と外貨MMFの重要ポイント






解答 2番


1年複利の計算に関する問題です。複利の計算とは、利息に利息がつく計算ということですよ。理解するために、計算式をばらして計算してみると


1年目 100万円 × (1+0.02) = 102万円


2年目 102万円 × (1+0.02) = 104.04万円


3年目 104.04万円 × (1+0.02) = 106.1208万円


となりますから、正解は、2番となります。意味がわかっている方は、普通に


100万円×(1+0.02)^3 = 106.1208万円(^は乗数の意味)


と計算すればOKです。丸暗記ではなく、理解することを心がけて学習するようにしてくださいね。






解答 1番


目論見書に関する問題です。目論見書は、問題にあるように、投資信託の説明書ですから、投資家に交付するタイミングは、「あらかじめまたは同時に」。これから3級FP技能士試験を受験される方は、正解するのみならず、ここまでおさえておくようにしてくださいね。



☆ 参考 3級FP技能士無料ポイント講座 金融 


     第17回 目論見書とは?






解答 3番


預金保険制度に関する問題です。単に、元本1000万円までとその利息等は保護 とだけ覚えてしまっている方もいらっしゃるかもしれませんが、その覚え方は駄目ですよ。全額保護の対象となるものは、一般的には、なじみが薄いでしょう?だから、よく3級FP技能士試験で狙われるのです。預金保険制度については


無利息・要求払い・決済サービスの提供の3要件を満たすもの(決済用預金・当座預金等)は、全額保護の対象


有利息普通預金・定期預金等は、元本1000万円までとその利息等は保護


最初から、元本が補償されないもの(外貨預金・投資信託等)は、保護されない


と正確に覚えておくようにしてくださいね。






解答 1番


所得税の配当控除に関する問題です。配当控除は、住宅ローン控除と並び、3級FP技能士試験で取り上げられやすい税額控除のひとつですから、この問題の記述は、必ずおさえておくようにしましょうね。配当控除については、出題の対象となる箇所が少ないですから、3級FP技能士無料ポイント講座に掲載されている内容をおさえておけば、試験対策的には、十分かも・・・・。



☆ 参考 3級FP技能士無料ポイント講座 タックスプランニング 


     第16回 税額控除とは?






解答 3番


特定扶養控除に関する問題です。特定扶養控除の対象となる年齢は・・・高校・大学の年末年齢と覚えておけばOK。教育費がかさむからと理由付けて覚えておけば、忘れようがありませんね。3級FP技能士試験対策としては、年齢ばかりでなく、控除額もあわせて覚えておくようにしましょう。



☆ 参考 3級FP技能士無料ポイント講座 タックスプランニング 


     第13回 扶養控除の学習ポイント






解答 2番


所得税の申告方式に関する問題です。会社に勤めている方が多いですから、ピンとこないかもしれませんが、所得税の申告方式は、原則としては、申告納税方式、つまり、確定申告をおこなうことが、本筋なのです。ちなみに、住民税は、行政庁が納税額を確定する方式 = 賦課納税方式となっています。比較して覚えておくようにしましょう。






解答 1番


個人が生命保険から満期保険金を受け取った場合の税務に関する問題です。うっ・・・この問題は、1番しか選べませんね。なぜなら、普通に考えて、自分(契約者)が儲かっていないと所得税の課税対象とはならないからです。ちなみに、自分(契約者)が年金方式によって受け取ると、これは所得税の雑所得として課税されることになります。これからFP試験を受験される方は、このあたりもおさえておくようにしましょう。



☆ 参考 3級FP技能士無料ポイント講座 タックスプランニング 


     第7回 一時所得の学習ポイント






解答 3番


退職所得に関する問題です。わざと遠回りな質問の仕方をしていますが、問題の主旨は、退職所得の計算式を答えて下しさいというだけのこと。これから、3級FP技能士試験を受験される方は、退職所得の計算式は、必ず覚えておくようにしましょうね。



☆ 参考 3級FP技能士無料ポイント講座 タックスプランニング 


     第8回 退職所得の学習ポイント




                        





3級FP技能士試験対策 テキスト・問題集、および2級FP技能士無料ポイント講座のご案内



3級FP技能士 実技試験対策 ポイント抜粋!!! 1週間集中対策問題集!


3級FP技能士 実技試験対策 ポイント抜粋!!! 1週間集中対策問題集!について、もっと詳しく知りたい方は、こちらをクリック!



     特定商取引法に基づく表記               個人情報保護方針




○ 3級FP技能士 試験対策問題集はこちら!


3級FP技能士 スペシャル問題集


3級FP技能士試験対策 合格応援 スペシャル問題集について、もっと詳しく知りたい方は、こちらをクリック!!!



     特定商取引法に基づく表記               個人情報保護方針




○ 3級FP技能士 試験対策テキストはこちら!


わかる!解ける!合格できる!3級FP技能士試験 出題ポイント フル攻略テキスト!


3級FP技能士試験 出題ポイント フル攻略テキスト!!について、もっと詳しく知りたい方は、こちらをクリック!!



     特定商取引法に基づく表記               個人情報保護方針



● 2級FP技能士/AFP試験対策用 無料学習サイトはこちら!


「 ファイナンシャルプランナーになる!2級FP技能士無料ポイント講座 」


HP・販売商品に関するお問い合わせ


本ページには、FP技能士受験生が良い結果を得られるように、無料FP技能士ポイント講座をはじめとする様々な無料コンテンツが含まれています。受験生の方が、これらの無料コンテンツを利用してFP技能士試験の学習をしていただくことは、もちろんかまいませんが、無断転載、無断複製等については、かたくお断りいたします。

 Copyright(c)2009年−2014年 1級ファイナンシャルプランニング技能士 星野直輝 All Rights Reserved