3級FP技能士試験対策 無料問題集 

 NO.10ポートフォリオ理論とは?

3級FP技能士試験対策 無料問題集 金融 目次へ




ポートフォリオ理論とは、分散投資の有効性を説いたものであるが、複数の投資先に投資する場合は、投資対象の相関係数が、−1の相関であれば、ポートフォリオ効果が最大となるとされている。



○ or ×?
(解答は、下へスクロールしてください。)









解答





正しい記述です。ポートフォリオ理論の要旨は、簡単に言えば、ひとつの企業・業界にだけ投資していると、運用成果は、その企業・業界次第ということになってしまいますから、ひとつの企業・業界が不調になっても、フォローできるように、複数の投資先に投資をおこないましょうということです。


「フォローしあいましょう」ということを目的に分散投資をおこなっていることが理解できれば、価格が、逆の動きをする投資先の組み合わせが良いということも理解できますよね?このような投資対象の関連性を数値で表したものを相関係数といい、ポートフォリオを考える場合は、−1の相関(片方がよければ、片方が下がる)であれば、ポートフォリオ効果が最大となるとされているのです。


● 参考 相関係数 投資対象の関連性を数値で表したもの。1〜−1の範囲であらわされます。


相関係数が1である場合 完全に一致した動きとなる。


相関係数が0である場合 関連性はない


相関係数が−1である場合 真逆の動き(片方がよければ、片方が下がる)




    NO.9 パッシブ運用(インデックス運用)とは?                  3級FP技能士試験対策 無料問題集 金融 目次





● 2級FP技能士/AFP試験対策用 無料学習サイトはこちら!


「 ファイナンシャルプランナーになる!2級FP技能士無料ポイント講座 」


本ページには、FP技能士受験生が良い結果を得られるように、無料FP技能士ポイント講座をはじめとする様々な無料コンテンツが含まれています。受験生の方が、これらの無料コンテンツを利用してFP技能士試験の学習をしていただくことは、もちろんかまいませんが、無断転載、無断複製等については、かたくお断りいたします。

 Copyright(c)2009年−2017年 1級ファイナンシャルプランニング技能士 星野直輝 All Rights Reserved