第1回 3級FP技能士試験 不動産分野の学習のコツ

3級FP技能士無料ポイント講座 不動産 目次へ戻る


FP試験は、金融業界に所属する方が受験されることの多い資格ですが、こうした方々から、苦手だ、難しいとの声がよく聞かれる科目のひとつが、不動産分野です。この分野の特徴としては、法律用語が非常に多いことがあげられます。法律用語に慣れているという方は、少ないですからね。


よく意味のわからない記号の羅列を覚えようとしてもなかなか頭に入らないのと同様に、法律用語を意味のわからぬまま、丸暗記しようとしても、なかなか頭には、はいりません。


学習のコツとしては、法律用語については、アバウトでよいので、自分なりに、意味を理解しておくことがポイントになります。


たとえば、瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)といわれても、これから3級FP技能士試験の学習をしていこうとする人にとっては、意味不明ですね。


これは、簡単にいえば、「欠陥があった場合に責任取ってね」という意味です。法律上は、もう少し細かい定義があったりしますから、正確な理解とはいえないかもしれませんが、これから、3級FP技能士試験の学習をしていこうとする人は、瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)という言葉をそのまま、丸暗記しようとするのではなく、このような自分なりの理解を持った上で、学習を進めていくほうが、記憶に残りやすくなりますから、結局は、学習時間が短縮できたりするのです。


また、たいてい法律というのは、原則があって、これに例外があってというようになっていて、一筋縄ではいきません。学習を進めていくうちに、「さっきと言っていることが違う気がする・・・」、「ただし●●ばっかりだけど、結局、どうなの?」という箇所が出てくると思いますが、こうした箇所は、「原則と例外」という目線でみていくと意外とあっさり、理解できたりすることもあります。


まとめると、3級FP技能士 不動産分野の学習のコツは、とにかく、まずは、法律用語に振り回されないようになることが先決。この分野に、苦手意識のある方は、一刻も早く、法律用語に慣れることを目標に学習を進めてみてください。3級FP技能士試験に出題される範囲では、「難しいようにみえるけど、実は簡単」というオチがつくことが多いですから、慣れてしまえば、一番得意な科目となってくれるかもしれませんよ。




                        




● 2級FP技能士/AFP試験対策用 無料学習サイトはこちら!


「 ファイナンシャルプランナーになる!2級FP技能士無料ポイント講座 」


本ページには、FP技能士受験生が良い結果を得られるように、無料FP技能士ポイント講座をはじめとする様々な無料コンテンツが含まれています。受験生の方が、これらの無料コンテンツを利用してFP技能士試験の学習をしていただくことは、もちろんかまいませんが、無断転載、無断複製等については、かたくお断りいたします。

 Copyright(c)2009年−2017年 1級ファイナンシャルプランニング技能士 星野直輝 All Rights Reserved