第10回 建ぺい率とは?

3級FP技能士無料ポイント講座 不動産 目次へ戻る


建ぺい率とは、敷地面積に対する建築物の建築面積の割合のことをいいます。みんなが自分の土地だからと言って、敷地いっぱいに、建物を建てていたら、火災が発生したりしたら大惨事でしょう?ですから、「敷地面積の何%までしか、建物の面積として使っちゃいけません!」という規制があるのです。言葉だけでは、分かりにくいですから、図をみてみましょう。






ということですね。ですから、建ぺい率の計算式は、


建ぺい率 = 建築面積/敷地面積 ×100


となるのです。


建ぺい率は、用途地域ごとに最高限度が定められていますから、原則としては、建ぺい率がこの範囲となるように建築物を建築する必要があるのです。建ぺい率の意味と算式は、ご理解いただけたでしょうか?建ぺい率や後述する容積率については、実技試験にて、たびたび計算問題として出題されています。必ず、試験日までに計算できるようにしておいてくださいね。




                        




● 2級FP技能士/AFP試験対策用 無料学習サイトはこちら!


「 ファイナンシャルプランナーになる!2級FP技能士無料ポイント講座 」


本ページには、FP技能士受験生が良い結果を得られるように、無料FP技能士ポイント講座をはじめとする様々な無料コンテンツが含まれています。受験生の方が、これらの無料コンテンツを利用してFP技能士試験の学習をしていただくことは、もちろんかまいませんが、無断転載、無断複製等については、かたくお断りいたします。

 Copyright(c)2009年−2017年 1級ファイナンシャルプランニング技能士 星野直輝 All Rights Reserved