第12回 第3分野の保険とは?

3級FP技能士無料ポイント講座 リスク管理 目次へ戻る


第3分野の保険とは、病気やケガを対象とする保険の総称のことをいいます。終身保険といった生命保険が第1分野、火災保険といった損害保険が第2分野とよばれていたことから、そのどちらにも属さない病気やケガを対象とする保険のことを第3分野の保険と呼んでいるのです。先にお話した傷害保険も実は、第3分野の保険の仲間です。


しかし!


FP試験対策として、第3分野の保険といえば、筆頭は、ガン保険、医療保険といったあたり。これらの保険のおおまかな特徴は掴んでおきましょう。


がん保険


保険の対象をがんに特化し、がんと診断された際やがんで入院した際、手術した際に給付金を受け取ることができる保険です。一般的には、保険の対象をがんに限定している分、保険料は、割安となっています。がんの治療のために入院した際に支払われる入院給付金には、給付日数に制限はありません。


医療保険


病気やケガにより入院した場合や手術を受けた場合に給付金が支払われる保険です。1入院につき60日、通算で1000日など限度日数が商品ごとに定められています。


わかりました?では、最後にFP試験で、出題者に大人気?の第3分野の保険についてお話しましょう。その保険の名は・・・・・



特定疾病保障保険
といいます!!!



特定疾病保障保険とは、3大成人病(ガン・脳卒中・急性心筋梗塞)で所定の状態となった場合に特定疾病保険金が、3大疾病以外の原因で死亡(高度障害)した場合には、死亡保険金(高度障害保険金)が受取れる保険ですが、名前から受けるイメージに反して、3大疾病以外の原因で死亡しても死亡保険金が支払われる点がお気に入りのようですよ。特定疾病保障保険の保険金の支払いについては、必ず覚えておきましょうね。




                        




● 2級FP技能士/AFP試験対策用 無料学習サイトはこちら!


「 ファイナンシャルプランナーになる!2級FP技能士無料ポイント講座 」


本ページには、FP技能士受験生が良い結果を得られるように、無料FP技能士ポイント講座をはじめとする様々な無料コンテンツが含まれています。受験生の方が、これらの無料コンテンツを利用してFP技能士試験の学習をしていただくことは、もちろんかまいませんが、無断転載、無断複製等については、かたくお断りいたします。

 Copyright(c)2009年−2017年 1級ファイナンシャルプランニング技能士 星野直輝 All Rights Reserved