第6回 法定相続人とは?  

3級FP技能士無料ポイント講座 相続 目次へ戻る


法定相続人とは、被相続人の財産を引き継ぐもののことをいいます。簡単言えば、残された子供や、夫、妻等のことですね。民法では、相続の優先順位や相続人ごとの相続分が定められています。まずは、法定相続人についてみていきましょう。


まず、常に相続人となる人がいます。配偶者です。


妻や夫は、一緒になって、財産を築き上げてきたわけですから、当たり前といえば当たり前ですね。常に相続人になるとは、配偶者が相続人として、存在するときは、配偶者+子供といった具合に相続人が決定されるということですよ。


このほかの相続人については、相続の優先順位が定められています。例として、子供をあげていますが、相続人となるのは、子供だけではありませんからね。相続の優先順位は、以下のとおりとなります。


第一順位で相続人となる者 → 子供(代襲相続人を含む)

第二順位で相続人となる者 → 直系尊属

第三順位で相続人となる者 → 兄弟姉妹
(代襲相続は、その子(被相続人からみて甥、姪まで)までしか認められません)


直系尊属とは、父・母等のことですよ。子供がいない場合には、直系尊属、子供も直系尊属もいない場合には、兄弟姉妹が相続するということですね。この順位は、必ずおぼえておいてください。


さらに!


3級FP技能士試験対策としては、もう少し知っておいていただきたい点があります。代襲相続と相続放棄者の扱いについてです。


代襲相続とは、子がすでに死亡している場合の子の子、すなわち被相続人からみた場合の孫が子の分を相続する等のことをいいます。たとえば、被相続人の子供が、すでに死亡しており、子供の子供、すなわち、孫がいるという場合は、孫が子供の第一順位を引き継ぎ、第一順位の相続人となります。代襲相続人は、孫に限られるわけではありませんよ。意味をおさえておいてくださいね。


では、次に相続放棄者の扱いについてです。民法では、相続を放棄した者については、相続人として扱いません。相続税の計算をおこなう上で、いうところの法定相続人と民法でいうところの相続人では、意味が少し違いますから、必ず、「民法では」のを引っ付けて覚えておいて下さいね。



それでは、今回は、このぐらいでおしまいにします。相続順位とFP試験のポイントは、もう一度、見直しておいて下さい。なぜ?次回も、この続きのお話だからです。順番に覚えていかないと、何がなんだかわからなくなりますよ。




                        




● 2級FP技能士/AFP試験対策用 無料学習サイトはこちら!


「 ファイナンシャルプランナーになる!2級FP技能士無料ポイント講座 」


本ページには、FP技能士受験生が良い結果を得られるように、無料FP技能士ポイント講座をはじめとする様々な無料コンテンツが含まれています。受験生の方が、これらの無料コンテンツを利用してFP技能士試験の学習をしていただくことは、もちろんかまいませんが、無断転載、無断複製等については、かたくお断りいたします。

 Copyright(c)2009年−2017年 1級ファイナンシャルプランニング技能士 星野直輝 All Rights Reserved